安心・便利・快適の標準仕様

❶ 基 礎 工 事

基礎は不同沈下のおきにくいベタ基礎を採用

 

ベタ基礎は従来の布基礎に比べ建物の荷重を『面』で受けることで、長期にわたり建物を支えます。
また防湿シート+一体構造のコンクリートが床下から湿気をシャットダウン。湿気によるシロアリ被害などのリスクを大幅に減少します。

 

建築基準法を越える強靭な配筋

 

建築基準法に定められている『鉄筋の太さ』より1.4倍太い鉄筋を使用し、『鉄筋の間隔』を建築基準法の1/2の間隔で細かく配筋することでより強固な基礎で建物を支えます。

 
 
建築基準法レベル ワンズライフホーム  
標準仕様
その差なんと・・・
鉄筋の太さ 鉄筋径 9mm 鉄筋径 13mm 1.4倍
鉄筋の間隔 300mm 150mm 半分の間隔
 

❷構造躯体

強度の高いエンジニアウッドを採用

 

エンジニアウッドとは、厚さ25~50mm程度の木材を特殊な接着剤で貼り合わせてひとつの部材にしたもの。JASの規格に適合した製品です。
無垢の柱に比べ節や含水率が少ないため、木材の狂いが少なく安定した強度を確保します。
また、強度も約1.5倍の強度がある優れた構造躯体となります。

 
 

従来の3.5寸角の木材に比べ、さらに太い4寸角の木材を土台・通し柱・管柱に採用しております。3.5寸角に比べ強度に優れ、より丈夫な構造を構成します。

 

❸ハイブリッド工法

在来工法の自由度とハイブリッド工法の耐震性

 

在来工法の軸組みに床・外壁を面構造とすることで地震の揺れを建物全体で分散します。
あわせて従来の筋交いと組み合わせることでバランスのよい建物となります。

 

ネダレス工法

 

床は1階・2階共に構造用合板24mmを構造部材に直接固定します。
従来の根太と呼ばれる部材を使用しないため、地震などの揺れに極めて高い効果を発揮します。

 

外壁面材『ダイライト』を採用

 

ダイライトは高い耐震性能を持つと共に、合板の4倍の湿気を通す機能を持っております。
壁内の湿気を通しやすいことから壁内結露を起こしにくい面材となっております。

 
PAGE TOP